日経ビジネス 2013/12/09号

特集 年金はどこまで減るか
こんなに減る、あなたの年金 30年後は2割減

 上の表を見てほしい。先ほどの年金を自動的に減らすルールと、政府が考える人口や経済条件の前提を基にして、ニッセイ基礎研究所の中嶋邦夫氏が試算した年齢・年収別の年金受給額早見表だ。生涯の平均年収(35〜36歳時の年収が目安になる)と現在の年齢で、…(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1468文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 年金はどこまで減るか(28〜29ページ掲載)
年金はどこまで減るか 知っておくべき10の現実
特集 年金はどこまで減るか(30〜31ページ掲載)
こんなに減る、あなたの年金 30年後は2割減
特集 年金はどこまで減るか(32〜35ページ掲載)
年金受給世代の実情 遠のく「理想の老後」
特集 年金はどこまで減るか(36〜39ページ掲載)
本当に2割減で止まるのか 2030年に試練
特集 年金はどこまで減るか(40〜44ページ掲載)
検証・老後の切り札 年金減でも豊かさを
特集 年金はどこまで減るか(45〜47ページ掲載)
70歳のハローワーク 最善策は「働くこと」
特集 年金はどこまで減るか(48〜51ページ掲載)
日経225企業の財務から読み解く 拝見! 隣の企業年金
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
update:19/09/24