日経エレクトロニクス 2013/12/23号

寄稿
USB3.1の仕様を詳説 3.0からの違いは何か

 最大データ伝送帯域を10Gビット/秒にした際の主な変更点は、(1)NRZ(non return to zero)の間隔で定義される伝送レートを2倍に引き上げ、(2)(1)を実現する上で、ケーブル長をそれまでの最大3mから同1mに短縮、(3)送信側で128B/132B符号化を採用、(4)送信…(123〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11455文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > その他(通信・インターフェース技術・規格・プロトコル)*
【記事に登場する企業】
テクトロニクス
update:19/09/26