日経エレクトロニクス 2013/12/23号

特集 自動車のミライ 202X
第1部<動向編> 社会とつながるクルマへ 目指すは“賢い電動車両”

 賢さの象徴となるのが自動運転である。ドイツAudi社や日産自動車、ドイツDaimler社などの大手自動車メーカーがこぞって「2020年に実用化する」と注力し始めた(表1)。 「既に、クルマの運転に必要な能力は、数値化すると人間より機械のほうが100倍高い」─。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 自動車のミライ 202X(23ページ掲載)
自動車のミライ202X
特集 自動車のミライ 202X(24〜25ページ掲載)
202X年のユートピア
特集 自動車のミライ 202X(26〜29ページ掲載)
第1部<動向編> 社会とつながるクルマへ 目指すは“賢い電動車両”
特集 自動車のミライ 202X(30〜35ページ掲載)
第2部<自動運転編> カメラを軸に低コスト化進む 無線やハーネスに新技術
特集 自動車のミライ 202X(36〜42ページ掲載)
第3部<電動車両編> ガソリン車よりも高性能に 材料革新で突き抜ける
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > 電動自動車・バイク
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
ビズボードスペシャル > 環境 > 電動自動車・バイク
update:19/09/26