日経エレクトロニクス 2014/01/06号

特集 M2M 再発見
第2部<飛躍のために> 端末数の激増に備え 通信規格や情報基盤を整備

 M2Mの主な通信経路になりそうなのが移動通信網である。端末が屋外に設置されたり、移動体に搭載されたりするケースが多いからだ。端末が直接、あるいはゲートウエイ端末を通じて移動通信網に接続し、サーバーと通信することになる注1〜2)。(32〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11757文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 M2M 再発見(23ページ掲載)
M2M 再発見
特集 M2M 再発見(24〜25ページ掲載)
あなたが業界のGoogleに
特集 M2M 再発見(26〜31ページ掲載)
第1部<見えてきた課題> やり方は一つじゃない 業界に合ったモデルを創造
特集 M2M 再発見(32〜41ページ掲載)
第2部<飛躍のために> 端末数の激増に備え 通信規格や情報基盤を整備
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 通信プロトコル全般
通信・ネットワーク・放送 > その他(通信サービス) > その他(通信サービス)
update:18/07/24