日経エレクトロニクス 2014/02/17号

NEレポート
生体内に入って働く センサー、電源、モーター…
「MEMS 2014」に見る“医×工”の挑戦

 今回、招待講演者として最初に登壇した米University of PennsylvaniaのMark G. Allen氏は、体内で当初は安定的に機能し、任意の時間の後に自然分解する素子を開発していることを明らかにした(予稿集pp.1─4)。 体内で無害な物質になる生分解性の樹脂と、体内に存…(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2334文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
車・機械・家電・工業製品 > ナノテクノロジー > ナノデバイス・MEMS
【記事に登場する企業】
米ペンシルベニア大学
update:19/09/26