日経エレクトロニクス 2014/03/31号

特集 ソニーは復活できるか
第1部<総論> 活気付く開発現場 成長戦略につなげられるか

 歴史を振り返れば、これまでにもソニーは、ユニークな商品を生み出してきた。「ウォークマン」や「PlayStation」、「AIBO」など枚挙に暇がない。しかしここ最近は、一部のユーザーの支持にとどまり、一般ユーザーに広く利用されるまでに至らない商品が多かったの…(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5477文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ソニーは復活できるか(27ページ掲載)
ソニーは 復活できるか
特集 ソニーは復活できるか(28〜31ページ掲載)
第1部<総論> 活気付く開発現場 成長戦略につなげられるか
特集 ソニーは復活できるか(32〜38ページ掲載)
第2部<事例編> 開発現場に見える変化の兆し 新機軸の製品が続々登場
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
ソニー
update:19/09/26