日経コンストラクション 2014/04/28号

トピックス 「外国人」は戦力になるか?
先駆例にみるポテンシャル
3年で技能者として1人前に

 現行の外国人技能実習制度は、2010年7月から運用されている。一定の要件を満たす企業が単独で技能実習生を受け入れる方法と、非営利の監理団体を介して傘下の企業が受け入れる方法がある(下の図)。 いずれも、実習生は日本国内の受け入れ企業と雇用契約を…(56〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4294文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
トピックス 「外国人」は戦力になるか?(56〜59ページ掲載)
先駆例にみるポテンシャル
トピックス 「外国人」は戦力になるか?(60〜61ページ掲載)
揺れる外国人技能実習制度
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
大崎建設
カワグチ鉄工
向井建設
update:19/09/27