日経コンストラクション 2014/04/28号

トピックス 「外国人」は戦力になるか?
揺れる外国人技能実習制度
時限措置で継続・再入国が可能に

 外国人向けの研修・実習制度は以前から、開発途上国への技術移転という建前と、人材確保策として期待する多くの受け入れ側の本音という矛盾を抱えてきた。雇用・賃金面の保護策が強化された現行制度の運用開始後も、内在する矛盾を指摘する批判が国内外で根…(60〜61ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2103文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
トピックス 「外国人」は戦力になるか?(56〜59ページ掲載)
先駆例にみるポテンシャル
トピックス 「外国人」は戦力になるか?(60〜61ページ掲載)
揺れる外国人技能実習制度
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:19/09/27