日経エレクトロニクス 2014/09/29号

専門メディアの視点 日経デジタルヘルス
がんや認知症の兆候を ビッグデータでとらえる
超早期発見に向けたプロジェクトが相次ぎ始動

 がんや認知症などの難病を“超早期”の段階で見つけ、効果的な治療に導く。そのための手段として、ビッグデータ解析への期待が高まってきた。関連プロジェクトがここにきて相次ぎ立ち上がっている。 13種類のがんや認知症を1回の採血で診断する─。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1131文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
【記事に登場する企業】
新エネルギー・産業技術総合開発機構
update:19/09/26