日経コミュニケーション 2014/10号

マンスリーレポート [企業ネット実態調査 WANサービス別利用率]
IP−VPNと広域イーサで首位交代 L2/L3混合型はNTTコムとKDDI僅差

 レイヤー2/レイヤー3(L2/L3)混合型サービスは、提供時期で先行したKDDIをNTTコミュニケーションズ(NTTコム)が猛追する傾向が続いている(図1)。 今年の調査では、KDDIが提供する「KDDI Wide Area Virtual Switch」 (KDDI WVS)の利用率は52.1%(188社中98社)だ…(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2570文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > 広域Ethernetサービス*
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > VPNサービス*
通信・ネットワーク・放送 > 通信・ネットワーク・放送市場・業界動向 > ネットワーク市場・業界動向*
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > ネットワーク市場・業界動向*
【記事に登場する企業】
NTTコミュニケーションズ
NTT西日本
NTT東日本
KDDI
ソフトバンクテレコム
update:19/09/26