日経コミュニケーション 2014/10号

セキュリティトレンド [寄稿]
実用化されたマルウエア検知の新手法 振る舞い検知の弱点を機械学習で補強

 (1)のファイル情報学習は、既にいくつかの研究結果がある。長所は実行前にマルウエアを検知できることや処理の負荷が比較的軽いことだ。ただし筆者は検知率を高めにくい方式と考えている。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/26