日経コミュニケーション 2014/11号

特集 M2M/IoT大乱戦
[総論] M2M/IoT大乱戦
500億デバイス市場の争奪

 「2020年代には世界人口の約10倍に相当する約500億のデバイスがネットワークにつながる“ネットワーク化社会”がやってくる。このことは世界に▼第3のインパクトをもたらす」─。これは大手通信機器ベンダーであるスウェーデンのエリクソンが2011年から提唱して…(16〜22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7380文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 M2M/IoT大乱戦(16〜22ページ掲載)
[総論] M2M/IoT大乱戦
特集 M2M/IoT大乱戦(23〜32ページ掲載)
[パート1:注目技術編] コスト削減と最適化で進化 真価が問われるoneM2M
特集 M2M/IoT大乱戦(33〜35ページ掲載)
[パート2:エコシステム編] グーグル、アップルがスマートホームへ “ビッグデータ埋蔵金”を掘り出す
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・ネットワーク・放送市場・業界動向 > ネットワーク市場・業界動向*
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > ネットワーク市場・業界動向*
【記事に登場する企業】
米アップル社
米クアルコム社
米グーグル社
update:19/09/26