日経エレクトロニクス 2014/12/08号

特集 現実解へ動くインフラ電装化
第1部<総論> 朽ちるインフラ救うエレ技術 “付加価値”が普及の呼び水に

第1部<総論>老朽化や人手不足という深刻な課題を抱える日本の社会インフラ。エレクトロニクス技術の応用による課題解決の動きが活発化している。実用化のハードルは高いが、普及のカギを握る要素も見えてきた。(26〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6097文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 現実解へ動くインフラ電装化(25ページ掲載)
現実解へ動く インフラ電装化
特集 現実解へ動くインフラ電装化(26〜31ページ掲載)
第1部<総論> 朽ちるインフラ救うエレ技術 “付加価値”が普及の呼び水に
特集 現実解へ動くインフラ電装化(32〜39ページ掲載)
第2部<技術開発> MEMS、920MHz、UAV… 要素技術は一括提供へ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木インフラメンテナンス
【記事に登場する企業】
NEC
国土交通省
太陽誘電
日本航空電子工業
日立製作所
update:19/09/26