日経エレクトロニクス 2015/02号

Hot News
微生物利用で電気とリンを得る 岐阜大学が畜産廃水で実証
Mgの含有とカソード近傍のpH上昇がカギ

 まさに一石三鳥。そんな研究成果を、岐阜大学 流域圏科学研究センター 准教授の廣岡佳弥子氏と特任助教の市橋修氏らのグループが発表した。「発電菌」と呼ばれる微生物を用いた燃料電池(微生物燃料電池)において、豚の糞尿などを含む畜産廃水から、最大…(25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1117文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
岐阜大学
update:18/07/23