日経エレクトロニクス 2015/02号

Breakthrough 核融合発電、再燃する開発競争
第1部:全体動向 “地上の太陽”にあと一歩 2020年代前半にも実用化か

第1部:全体動向“夢のエネルギー”核融合発電は、現行の原子力発電に比べてはるかに安全で、燃料も無尽蔵に近い。実用化できれば原子力発電を置き換え、化石燃料も不要になる。開発や実用化の動きが国内外で活発になってきた。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5196文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
Breakthrough 核融合発電、再燃する開発競争(43ページ掲載)
核融合発電、再燃する 開発競争
Breakthrough 核融合発電、再燃する開発競争(44〜48ページ掲載)
第1部:全体動向 “地上の太陽”にあと一歩 2020年代前半にも実用化か
Breakthrough 核融合発電、再燃する開発競争(49〜55ページ掲載)
第2部:ITERとその対抗技術 原型炉実現に向け始動 10年後の“覇権”狙う
Breakthrough 核融合発電、再燃する開発競争(56〜60ページ掲載)
第3部:常識を超える技術に挑戦 「核融合ベンチャー」が続々 独自技術で“金脈”探る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 原子力発電
【記事に登場する企業】
日本原子力研究開発機構
米ロッキード・マーチン社
update:19/09/26