日経エレクトロニクス 2015/02号

Emerging Tech デバイス
ソフトとFPGAが急接近、 画像や医療でSoC型を採用
まずはコスト削減、次の狙いはソフト/ハード最適化

中山 俊一 EJoint(イージョイント)テクニカル・ライター/コンテンツ・キュレーターFPGA大手2社が、英ARM社のCortex-A9を集積したFPGAの量産出荷を開始して1〜2年が経過した。開発案件の数は順調に増加中。現在、ハードウエアとソフトウエアの開発フローは独立して…(77〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12181文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > その他(パソコン用ソフト)
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > その他(病院・薬局・施設経営)
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
【記事に登場する企業】
英ARM社
update:19/09/26