日経ビジネス 2015/02/02号

シリーズ検証 新日鉄住金、王者の蹉鉄
最終回 代償

 ただ、水分の少ない石炭は競合他社でも積極的に活用しており、新日鉄住金だけに特有のことではない。重要なのは、「自然発熱しやすい」というリスクをどのように管理するのかという点だ。 新日鉄住金は事故後、水分量の少ない安価な石炭を当面使わないと発…(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1509文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
update:21/03/05