日経エレクトロニクス 2015/05号

Emerging Biz 日経BP半導体リサーチ
自他ともに認める強運 ただし努力は怠らなかった
【SCR大喜利まとめ】東芝のメモリー事業は、なぜ生き残りなぜ好調なのか

 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」。プロ野球の選手や監督として数え切れない勝負に接してきた野村克也氏はこのように言っている。勝負を重ねる中で、より多く勝っていくには、このように考えないと慢心するし、進歩もない。(82〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2582文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > メモリー
【記事に登場する企業】
東芝
update:18/07/23