日経ビジネス 2015/08/03号

特集 社畜卒業宣言
INTERVIEW 伊丹敬之・東京理科大学教授に聞く 「人本主義」は死んだのか

 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と日本が称賛された1980年代後半、伊丹敬之は「会社は株主のもの」という米欧型「資」本主義に対して、「会社は従業員のもの」という日本型の「人」本主義を提唱した。それは長く日本の経営者のよりどころになった。だが今…(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3585文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 社畜卒業宣言(24〜25ページ掲載)
社畜卒業宣言
特集 社畜卒業宣言(26〜29ページ掲載)
PART1 「契約不履行」が始まった
特集 社畜卒業宣言(30〜33ページ掲載)
PART2 100社調査が示す不都合な真実 6分の1がバブル組 重圧が促す裏切り
特集 社畜卒業宣言(34〜35ページ掲載)
INTERVIEW 伊丹敬之・東京理科大学教授に聞く 「人本主義」は死んだのか
特集 社畜卒業宣言(36〜41ページ掲載)
PART3 先駆者が拓く新たなキャリア オレたち社畜脱出組
特集 社畜卒業宣言(42〜43ページ掲載)
PART4 社畜が消滅した後の世界 バブル入社組から始まる超サラ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材活用・育成#
update:21/03/05