日経ESG 2015/09号

論点争点 過熱する石炭火力ブーム
環境省が相次ぎ「待った」 規制や炭素税の議論も不可避
国際環境経済研究所 理事 松本 真由美 氏 東京理科大学大学院 教授 橘川 武郎 氏

(まつもと・まゆみ)報道番組のキャスターなどを経て、2008年より東京大学教養学部客員准教授としてエネルギー政策などの研究、教育活動に携わる。米国の火力発電所に対する環境規制などを現地調査している(きっかわ・たけお)エネルギー産業論、日本経営史…(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5605文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 環境・エコロジー(政治・経済・社会) > 政治・経済・社会関連のエコロジー
ビズボードスペシャル > 環境 > 政治・経済・社会関連のエコロジー
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > 火力発電
update:19/09/24