日経ESG 2015/09号

技術フロンティア
下水道の氾濫対策
ゲリラ豪雨に備える 氾濫予知や雨水貯留で節水

 下水道氾濫を予知する技術の開発も始まった。改正下水道法と同時に施行された改正水防法は、市町村が浸水被害を事前に検知して住民に知らせる制度の導入を求めており、予知技術への要請が高まっている。 富士通研究所はICT(情報通信技術)を活用して下水道…(54〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3987文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木・都市開発の防災
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24