日経エレクトロニクス 2015/09号

Emerging Tech デジタルヘルス
IBMとAppleが仕掛ける ビッグデータで医療革新

 ビッグデータや人工知能(AI)が、医療・ヘルスケアのあり方を根本から変えようとしている。膨大な科学文献や医療画像を基に精度の高い診断をくだしたり、最適な治療法を提示したりする。ウエアラブル端末で集めた日常のデータから、生活習慣病に関する新たな知見を見いだす。(93〜96ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5673文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > その他(医療機器・用品・システム)
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
【記事に登場する企業】
米IBM社
米アップル社
update:18/07/23