日経ビジネス 2015/10/19号

時事深層 COMPANY
大村ノーベル賞生んだメルクの志

今年のノーベル生理学・医学賞に北里大学特別栄誉教授の大村智博士が選ばれた。授賞理由は、アフリカなどで年2億人以上に投与されている駆虫薬「イベルメクチン」の成果。弱者を救った薬の無償提供には、米製薬大手メルクが下した約30年前の英断があった。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > その他(医薬品)
ビズボードスペシャル > 学術系 > その他(学術系)
【記事に登場する企業】
北里大学
米メルク社
update:21/03/05