日経ビジネス 2015/10/19号

未来テック
FILE.027 居眠り運転防止 自覚のない「眠気」をキャッチ [富士通、東芝情報システム、ジェイアイエヌなど]

 眠気検知技術に商機を見いだしたのは、富士通だけではない。ブルートゥースなどの通信手段が普及したことで、様々な装置からリアルタイムにデータを収集できるようになったからだ。 医療用のセンサーで心電を計測し、眠気検知に取り組むのが東芝情報システ…(78〜80ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3259文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > ウエアラブル端末#
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 旅客・運輸#
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
ジンズ
東芝情報システム
富士通
update:21/03/05