日経ビジネス 2015/11/02号

時事深層 COMPANY
[全国に広がる「傾きマンション」の波紋] 多重下請けが生む悲劇の連鎖

 横浜市都筑区のマンションで開かれた10月15日の住民説明会。11回目にして初めて三井不動産レジデンシャルの藤林清隆社長が姿を見せたことに対して、住民の怒りは爆発した。 「棟の間の接合部分で手すりの高さに差が生じている。調べてほしい」。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3216文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)#
【記事に登場する企業】
三井不動産レジデンシャル
update:21/03/05