日経ビジネス 2015/11/02号

スペシャルリポート
[動き出した機械のデパート] 三菱重工 「撤退戦」の先へ

 大型クレーンの国内市場規模は振れ幅が大きく、年500億〜1000億円で推移している。その中で三菱重工の売上高は年100億円程度で、規模では三井造船やIHI運搬機械などに見劣りしていた。得意とする港湾や発電所向けのクレーンを武器に海外での受注を目指した時期…(52〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6786文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
車・機械・家電・工業製品 > 車・機械・家電・工業製品の市場・業界動向 > 機械・工業製品の市場・業界動向
ビズボードスペシャル > 市場・業界動向 > 機械・工業製品の市場・業界動向
【記事に登場する企業】
三菱重工業
update:21/03/05