日経ビジネス 2015/11/02号

賢人の警鐘
「1番より一流たれ。VW問題から経営者が学ぶべきは経営哲学の重要性だ」 伊那食品工業会長 塚越 寛

 1番は、その業界で1社しかなれない。そのため目標を達成する過程で社員たちの中に「ほかを蹴落とす」という発想が出てくる。目標に期限が付いていたらなおさらだ。与えられたノルマを達成しようと社員たちはなりふり構わず売ろうとする。(134ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1666文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:21/03/05