日経エレクトロニクス 2015/12号

Emerging Tech 日経デジタルヘルス
人工知能やウエアラブルで挑む“メンタルヘルス”の定量化
日経デジタルヘルス、10月のPVランキングから

 多くの疾病が早期に診断・治療されるようになってきた昨今、その流れに取り残されているのが精神疾患、すなわちメンタルヘルスの領域だ。診断の「基準が曖昧で不安定。(疾病の兆候を早期に捉えるのに役立つ)バイオマーカーも存在しない」。(104〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2369文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > ウエアラブル端末
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 情報工学 > 人工知能
ビズボードスペシャル > 学術系 > 人工知能
【記事に登場する企業】
慶應義塾大学(慶応義塾大学)
update:19/09/26