日経ビジネス 2015/11/30号

賢人の警鐘
「チェーン運営には限界。質を追求する商品開発と個店主義が競争力の源」セブン&アイ・ホールディングス会長・CEO 鈴木 敏文

 チェーンオペレーションは品ぞろえや店舗の運営を標準化する小売業の運営手法だ。19世紀後半に米国で広がり、日本にも1950年代に入ってきた。モノが足りない売り手市場の時代には有効だった。(130ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1656文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 小売店(コンビニ以外)#
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 小売店(コンビニ以外)#
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > コンビニエンスストア#
【記事に登場する企業】
イトーヨーカ堂
セブン&アイ・ホールディングス
セブン-イレブン・ジャパン
update:21/03/05