日経パソコン 2016/01/25号

ビジネスメールの掟
この転送はアウト? それともセーフ?!

今回の掟受け取ったメールを第三者に直接転送するのは原則NG!転送する場合は、必要な箇所だけ要約して利用すべし単純な転送ではなく、自分の意見も一言添えて送る直井:所長〜、助けてください!平野:○○制作の久保さんと○○企画の丸山さんの件かな。直井…(109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1741文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
日経パソコンEdu用記事(非表示) > 情報倫理・著作権を学ぶ > メールの作法
update:18/07/23