日経PC21 2016/03号

IT羅針盤
ファイルを人質に身代金を要求するランサムウエア
「暗号でロックしたファイルを返してほしければ金を払え」

 ランサムウエアの動作を詳しく見てみよう(図1)。まず〝誘拐犯〟側は、一般のウェブサイトに侵入し、自動的にウイルス配布用サイトも開いてしまうような仕掛けを加える。脆弱性を足がかりに、このサイトからウイルスがコピーされる[注1]。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1463文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:18/07/23