日経ESG 2016/03号

儲かる節電術
第6回 エネルギーの「見せる化」
社員の意識の低下を防ぐ

 2012年は「エネルギーの見せる化」を中心に省エネに取り組んだ結果、電力使用量は前年比99.4%で、社員が仕事をする17フロアに限ると同98%でした。わずか2%の削減ですが、見せる化の効果と社員の活動の成果が表れています。 例えば、こんな取り組みがありま…(98〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2834文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

儲かる節電術
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
第一次産業・エネルギー事業・水事業 > エネルギー事業 > エネルギー管理
update:18/07/23