日経ビジネス 2016/02/08号

テクノスコープ
Technology File:004 ヘッドマウント型仮想現実 スマホ技術でリアルを演出(ソニーグループ、オキュラスVR、サムスン電子)

装着すると目の前に別世界が広がる仮想現実(VR)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)。スマートフォンや薄型テレビの技術を転用しながらも、消費者にこれまでにない体験を提供する。2016年はソニーグループなどの大手が新商品を投入。(68〜70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3332文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・モバイル情報端末 > ウエアラブル端末#
【記事に登場する企業】
米オキュラスVR社
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
update:21/03/05