日経ドラッグインフォメーション 2016/02号

よく分かる! すぐ使える! 患者指導ワンポイントレッスン
眠れない高齢者に勧めたい 遅寝・早起き・適度な活動

 不眠症状は非常に一般的な愁訴で、国民の20〜30%程度が症状を有するといわれている。不眠症状から睡眠薬を服用している患者は大まかに2種類に分かれる。1つは、比較的若年世代で、精神科や心療内科を受診し、向精神薬とともに睡眠薬を処方されている患者。(19〜20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2294文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:19/09/27