日経ドラッグインフォメーション 2016/02号

薬局なんでも相談室 今月の相談 臨床
カフェイン中毒について詳しく知りたい

●家庭では特筆すべき応急手当はない。もし大量に摂取し、症状の出現が予想される場合は、催吐せずに医療機関を受診するよう勧める。催吐は痙攣や誤嚥を誘発する恐れがあるため、推奨されていない カフェインは眠気防止薬以外のOTC薬、例えば解熱鎮痛薬、かぜ…(63〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2893文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:18/07/23