日経レストラン 2016/03号

特集 居心地のいい店の条件
〔調査〕 「消費者に聞く飲食店の居心地」アンケート結果
「味が落ちた」は言い訳 楽しさで突き抜けろ

 例えば、料理を食べる速度は、「おいしいと感じる料理は二口目を食べるタイミングが早くなる」(森代表)ので、お客の「本音」を見抜くというわけだ。何か手を打つべきと感じたら、料理人たちを全国の一流店への視察に連れていく。 「おいしいものを食べて…(28〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3751文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 居心地のいい店の条件(14〜15ページ掲載)
居心地のいい店の条件
特集 居心地のいい店の条件(16〜17ページ掲載)
〔味〕 産直のこだわりを 情報発信力で強く印象づける
特集 居心地のいい店の条件(18〜19ページ掲載)
〔味〕 “巣立つ”を前提に 新旧シェフの良さを生かす
特集 居心地のいい店の条件(20〜21ページ掲載)
〔人〕 「記憶」「距離感」「気づき」で常連客7割を実現
特集 居心地のいい店の条件(22〜23ページ掲載)
〔人〕 お客をよく観察し頼まれる前に対応する
特集 居心地のいい店の条件(24〜25ページ掲載)
〔時〕 交流を望むお客と1人客が集まる場を演出
特集 居心地のいい店の条件(26〜27ページ掲載)
〔時〕 靴を脱ぐ個室があるフレンチ 用途も料理も幅広く対応
特集 居心地のいい店の条件(28〜31ページ掲載)
〔調査〕 「消費者に聞く飲食店の居心地」アンケート結果
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > 営業・販売・マーケティングスキル
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 営業・販売・マーケティングスキル
update:18/07/23