日経ドラッグインフォメーション 2016/03号

薬の相互作用としくみ
カフェインが関与する相互作用
過剰摂取で死亡例 飲酒時はカフェインを控える

 カフェインは精神依存性や耐性を有し、離脱症状(頭痛、疲労感、過眠、抑うつ、不安など)や中毒を引き起こす。海外の規制当局は、悪影響のないカフェイン最大摂取量を、健康な成人400mg/日、妊婦200〜300mg/日、小児2.5mg/kg/日と規定している5)。日本ではカ…(21〜24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5789文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医薬品 > 処方・服薬
医療・バイオ > 医療関連資格・スキルアップ > 医療・薬剤・看護・介護の知識
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > 医療・薬剤・看護・介護の知識
update:18/07/23