日経ホームビルダー 2016/04号

特集2 あなたはどうする? 「設計料」
あなたはどうする? 「設計料」

「設計施工一貫で住宅の建設工事を受注する」という工務店・住宅会社にとってはこれまで当たり前だった仕事の仕組みが近年、「設計料」を巡って大きく揺さぶられている。自社の契約や見積書で設計料をどのように扱うか、すべての関係者が判断を迫られている。…(50〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:594文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 あなたはどうする? 「設計料」(50〜51ページ掲載)
あなたはどうする? 「設計料」
特集2 あなたはどうする? 「設計料」(52〜53ページ掲載)
「設計料」の明示は時代の要請 契約自体の分離も課題として浮上
特集2 あなたはどうする? 「設計料」(54〜57ページ掲載)
“顧客は理解してくれる”設計契約前倒しに踏み込む工務店
特集2 あなたはどうする? 「設計料」(58〜61ページ掲載)
どこまで表記?どれだけ計上?「設計料」の扱いは千差万別
関連カテゴリ・企業名
update:19/02/25