日経ビジネス 2016/04/04号

特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス
移民ノミクス
人口減でも伸びる企業の条件

日本で働く外国人は今年、初めて100万人の大台を超える可能性が高い。自動車、建設、小売り…。外国人の働き手なくして日本経済は成り立たない。ただ、付け焼き刃で進めてきた単純労働力としての外国人確保は限界が近づく。(24〜25ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス(24〜25ページ掲載)
移民ノミクス
特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス(26〜29ページ掲載)
〔PART1〕 <高まる外国人依存度> 既に移民国家ニッポンの岐路
特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス(30〜35ページ掲載)
〔PART2〕 <企業を変える「3本の矢」> 事業と組織を鍛える主役に
特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス(36〜37ページ掲載)
〔COLUMN〕 <ドイツの企業のしたたかさ> 大企業が進んで難民を戦力化
特集 〈シリーズ 日本が危ない〉移民ノミクス(38〜42ページ掲載)
〔PART3〕 <当事者だから見える「ここがオカシイ」> このままで「開国」語る資格なし
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > 雇用#
update:21/03/05