日経デザイン 2016/05号

早稲田大学ラグビー蹴球部がデザインの力で日本一を目指す話
第3回 スローガン

 早大ラグビー部のスローガンを生み出すうえで渡辺氏が最初に考えたのは、言葉が持つ役割だ。誰のために、何のためにスローガンは存在するのか。根本を問い直して見出した「スローガンの条件」は4つあると言う。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3093文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > マーケティング戦略 > 広告・宣伝・販促
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
【記事に登場する企業】
早稲田大学
update:19/09/27