日経ビジネス 2016/05/16号

特集 外食崩壊
〔COLUMN1〕 大手の新業態、成功しないワケ

 外食業界に入って40年。持ち帰り弁当の「ほっかほっか亭」や「フレッシュネスバーガー」を創業した経験があり、これまで様々な外食企業から新業態開発の相談を受けてきた。 多くの企業が、新しい業態を作りたいのに、うまくできずに悩んでいる。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3653文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 経営戦略#
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 働き方改善#
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店#
【記事に登場する企業】
日本ケンタッキー・フライド・チキン
日本マクドナルド
フレッシュネス
モスフードサービス
吉野家
ワタミ
update:21/03/05