日経ビジネス 2016/05/16号

気鋭の経済論点
<COP21 企業への影響>化石燃料の「座礁資産」化 企業のリスク開示も必要に

 例えば米ウォルマート・ストアーズは、ハリケーン「カトリーナ」で5億ドル以上の売り上げを失い、2012年までの9年間で荒天による被害総額が年平均2000万ドルに及んだと分析する。 ここ約30年間の自然災害とそれに伴う保険損害の推移を見ても、日本でも近年、保…(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3279文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題#
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
update:21/03/05