日経ビジネスアソシエ 2016/06号

村岡恵理のどんな朝でも素晴らしい
12 自己肯定しつつも小我を笑いとばす 「漱石と猫」が教えるスランプ脱出法

12このコラムでは、「花子とアン」の原案者、村岡恵理が“人との出会い”から学んだことをビジネスパーソンにお伝えしていきます。空前の猫ブームだそうです。猫は散歩がいらない、声も小さい、精神的に自立していて、程良い距離感が保てる。(107ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1706文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > その他(サービス・流通・生活・文化) > その他(サービス・流通・生活・文化)
update:19/09/27