日経パソコン 2016/05/23号

Wordで作るビジネス文書の鉄則
第4回 手順や項目は箇条書きにして整理する

行頭に連番や記号を付けて箇条書きを見やすく整える/手順には「段落番号」を振る/2行目以降は「ぶら下げインデント」にそろう/引き継がれた連番を解除する/途中から番号を振り直す/見出しや列挙する項目には「行頭文字」を付ける/段落内の改行を加えて1行目を目立たせる/間隔を調節して各ブロックを明確にする/文書全体の行間は「ページ設定」で詰める/フォントの種類で行間は異なる(71〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5507文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
日経パソコンEdu用記事(非表示) > Officeソフト入門&活用 > 見栄えの良いWord文書を作る
update:19/09/25