日経PC21 2016/08号

特集3 アクションカメラ入門
〔編集・出力編〕 撮影後の楽しみは編集&活用

 撮影しっぱなしにするアクションカメラは、どうしても無駄なシーンが多くなる。必要がないシーンは、「トリミング」で削除しよう(図16〜図18)。タイムラインで開始点と終了点を指定すると、指定した範囲が残り、ほかの部分はカットされる。(84〜89ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2294文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集3 アクションカメラ入門(77ページ掲載)
アクションカメラ入門
特集3 アクションカメラ入門(78〜83ページ掲載)
〔準備・撮影編〕 迫力の映像が誰でも簡単に撮れる!
特集3 アクションカメラ入門(84〜89ページ掲載)
〔編集・出力編〕 撮影後の楽しみは編集&活用
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > 動画像編集再生ソフト*
update:19/09/25