日経ESG 2016/08号

事件に学ぶ廃棄物処理
第14回 リスク管理
行政指導に応じず放置 不法投棄報道でイメージ悪化

 2012年9月、その名門企業が、産業廃棄物を不法投棄した疑いで兵庫県警の家宅捜索を受けた。許可品目にない鉄くずを産廃処理場に持ち込んで投棄したという疑いだ。過去12年間にわたって投棄した量は合計173t。(90〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2790文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

事件に学ぶ廃棄物処理
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
update:19/09/24