日経ビジネス 2016/07/11号

時事深層 COMPANY
ライバルさえも“困り顔” 合併反対、出光創業家の乱

 出光と昭シェルは「対等の精神に基づく経営統合」を目指すとしている。仮に両社株主の議決権比率も対等に合併するとした場合、創業家の新会社での株式保有比率は17%前後に低下し、合併などの特別決議は拒否できない「普通の株主」となる。 統合に先立ち、…(14〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3298文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収 ・業務提携#
【記事に登場する企業】
出光興産
昭和シェル石油
update:21/03/05