日経ビジネス 2016/07/11号

賢人の警鐘
「英国離脱になぜ慌てる。リスクは対応次第。経営者は今こそ大局観を」 日本電産会長兼社長 永守 重信

 重要なのは、離脱それ自体を予測するというより、その背景で起きている変化を感じ取ることだ。グローバル化の進展と経済の成長鈍化とともに、世界で自国中心主義が広がっている。英国も例に漏れない。(138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1660文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題#
【記事に登場する企業】
欧州連合(EU)
日本電産
update:21/03/05