日経ビジネス 2016/08/22号

テクノスコープ
Technology File:031 農業収穫ロボット 熟れた実だけ見極めて採取(パナソニック、スキューズ、シブヤ精機、宇都宮大学、信州大学)

 日本の農業就業人口は減少を続けている。2016年2月時点で農林水産省の概算は約192万人。200万人を割り込んだばかりか、65歳以上が占める割合が約65%に増加。高齢化も進んでいる。(74〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > 第一次産業 > 農業
【記事に登場する企業】
宇都宮大学
シブヤ精機
信州大学
スキューズ
パナソニック
update:21/03/05