日経ビジネス 2016/08/22号

賢人の警鐘
「社会保障費抑制は急務。 高齢者の働く環境整え、 タックスペイヤー増やせ」 大和証券グループ本社会長 鈴木 茂晴

 悪いことではないが、日本人は社会保障の先進国とされるスウェーデンの4.5倍ぐらいの頻度で医者にかかっている。例えば診療代として1回500円を課せば2兆円、1000円なら4兆円改善する計算だ。財務省などでも真剣に議論されているアイデアだが実現に至っていない…(106ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1622文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 社会 > 社会問題
【記事に登場する企業】
大和証券グループ本社
update:21/03/05